無題

道を間違えたとき、このまま突き進むという選択もあるけど、やっぱり引き返すことにしたよ。
私がいなければ今の自分は無かったと言う大切な友人の意見だが、悲しいかな…既に私の頭脳が叩き出していた答えと同じだった。それは、恥ずかしくて、悲しくて、寂しくて、辛い選択。
でも近い未来に笑っている自分も想像できるから。
みんなありがとう!あの曲がり角までダッシュで戻るぜ!待っててくれ!

スポンサー広告

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき | 投稿日: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です