第2回は、KUBOKENさんのスーファミ・コントローラー型 0号機を紹介します。

自作楽器博物館 別館企画展 第2回

スーファミ・コントローラー型 0号機 KUBOKENさん

展示:2002年4月10日〜
トップページ > 本館案内板 > 別館イベント・スペース > 第2回

お願い
このページは壮絶なコントローラ戦争の第ニ幕となっております。
より楽しんで頂く為にはFAMICOMANIAに襲撃をかけた米本の第一幕、
旧SEGA SG系JOYPADの製作《番外編》米本 実氏による投稿作品は必読です。
未読の方は是非ご覧下さい。

KUBOKEN
いやいやいや、作ったよ!俺は!
米本 実
なんだよ突然! 人のサイトで!
KUBOKEN
どっかで見たシチュエーションですね。(^^ゞ
米本 実
だから何作ったんだったての?
KUBOKEN
サイトの構成もまんま使いまわしですね♪
米本 実
人のサイトでは管理人の言う事聞けよ!
KUBOKEN
アンタ俺のサイトで散々無視してたでしょーに!
米本 実
まぁまぁ、で?
KUBOKEN
いやね、作ったよ! 俺は!
米本 実
サイトの容量もあるしね、あんまり引っ張らないで欲しいのね。
KUBOKEN
このサイトに遊びに来るって事は...アレしかないでしょう!
米本 実
UFO〜!!
KUBOKEN
踊らないで下さいよ。んな灰皿ネタじゃないっすよ。
米本 実
灰皿じゃないよ! UFO! 書いてあるでしょ!
KUBOKEN
ゲームネタとココのネタの作品ですよ! 作ったよ!
米本 実
まずいよ...エミュネタは...。
KUBOKEN
実機派の俺がエミュネタなんか持って来ませんよ!

Y-LINKY-LINK対応機器

KUBOKEN
コレっすよコレ!!
米本 実
おぉ〜!! コードレス!!
KUBOKEN
いや、使うにはコード繋げないといけないんだけど...
米本 実
で、このコントローラ何?
KUBOKEN
スーパーファミコンコントローラ型0号機ですよ!!
米本 実
あぁ、東南アジアで良くあるパチモノね。
KUBOKEN
0号機がパチで出回る訳無いでしょ!! しかも東南アジアで。
米本 実
だからパチ作ったのね。
KUBOKEN
買Oハッ!! 痛いツッコミしますね。
米本 実
音出ないんでしょ?
KUBOKEN
んな灰皿と一緒にしないで下さいよ。
米本 実
だからUFOだって!! 書いてあるでしょ!!
スーファミ0号機
買sュ〜ン!
米本 実
すご〜い!!
KUBOKEN
でしょ
米本 実
よくこの中に詰めたね。
KUBOKEN
いやね、詰めたよ、俺は。
米本 実
ってことは、0号機のオプションと互換あるのかな?
KUBOKEN
さぁ?
スーファミ0号機
買rュイ〜ン!
米本 実
問題ないみたいね
KUBOKEN
さすがにね、完璧だね。俺。
米本 実
じゃあ開発中のキーボードユニットも繋げてみる?
KUBOKEN
変なモノばっかり繋げないで下さいよ!!
米本 実
ホラ、演奏出来る。
KUBOKEN
うわ♪ 楽しい♪ せっかくだからコレだけ流しましょうよ。
米本 実
え〜...鳴らすのぉ?
KUBOKEN
人のサイトで散々鳴らしてったじゃないすか!!
米本 実
.wavはやめてよ。.wavは。
KUBOKEN
わかってますよ。.jpgに埋め込んで来ましたから。
米本 実
何でそんなややこしい偽装する必要が...
KUBOKEN
ちょっとエミュネタかすってるでしょ?
米本 実
健全なココの閲覧者にはわかんないよ!! そんなネタ!!
スーファミ0号機
買sポパポピポパポ!
演奏 by KUBOKEN
米本 実
いやぁ、凄いね!! じゃ、忙しいんでこれで。
KUBOKEN
いやいや、どうもありがとうございました!!
米本 実
お〜ぃっ!! キーボードユニット持って行くな!!
KUBOKEN
いや、コレ楽しいから...
米本 実
まだ開発中なんだってば!!
米本 実KUBOKEN
...。(沈黙)
KUBOKEN
早く作って下さいよ!! 待ってんだから!!
米本 実
今すぐには出来ないよ!!
KUBOKEN
え〜っ...俺今日泊まりっすかぁ!?
米本 実
泊まるなよ!!
KUBOKEN
っていうか...このネタ...
コントローラ戦争...なんだけど...
まだ続くんですかね?

ナレーション
そして月日は流れ、
新たなるアイテムを開発した米本は、
KUBOKEN氏のサイト、FAMICOMANIAに復讐投稿するのであった...

そしてコントローラ戦争第三幕へと続く...

注:コントローラー及びユニットは、
実際には販売しておりません。
が、このコントローラ及びユニットに、
興味をお持ちであれば米本電音研究所へ。

2002/04/10 Written By 米本 実/KUBOKEN


トップページ > 本館案内板 > 別館イベント・スペース > 第2回

Copyright (C) Yonemoto Electroacoustic Laboratory