カテゴリー別アーカイブ: 米本実の音楽

ピカルミンのイベント よんまちゃんの「第二回 村まつり」で配布されたCD-R「ピカコン2016」の収録曲

Pi-Funk

ピカルミン大集合のイベント おかもちモジュラーのよんまちゃん企画「第二回 村まつり」で当日配布されたCD-R「ピカコン2016」収録の私のトラック「Pi-Funk」をYouTubeにアップしました。

よんまちゃんから
「先生がどのユニットをお使いになったのかって所が明らかにされていて驚きました。まさかSYSTEM Yだけだとは(そう聞いておりましたが、一般の機材もお使いになられていると思い込んでました)」
とのコメントを頂きました。
はい、もちろんDAWソフトは使用していますが、音源はピカルミンと私の自作楽器たちだけなんです。
しかも2016年のデジタル・サウンドとは思えない宅録感が我ながら素晴らしいです。

なおこのトラックの再生時間はほぼ3分なので、カップラーメンにお湯を注ぎこの曲をスタート、踊りながら楽しく出来上がりが待てます。


関連記事
ピカルミン大集合! 発明者Kaseoさんも参加 おかもちモジュラーのよんまちゃん企画「第二回 村まつり」の報告

「ピカコン2016」を残念ながらゲット出来なかった方に朗報です!
M3(音系・メディアミックス同人即売会)によんまちゃんが今回も参加するとのことで、そこで増刷したものが販売されるそうです。
 2016年10月30日(日)
 http://www.m3net.jp/
 ブース位置は第二展示場1F か-05b poplab-recordsの予定。

ピカコン2016 (ピカルミンコンピレーション2016)
トラックリスト
01 Funky Pikaremin – 東京ハムカツ
02 Kaseocore DEMO – Kaseo
03 ピカチュウとシンデレラハネムーン – 野中比喩
04 県立ピカルミン牧場 – 大須賀淳
05 Copulatuion – osouonna
06 六匹の狂った鼠の信号 – 0|1+前濱雄介
07 pika-taku – Kraftwife
08 Pi-Funk – 米本実
09 pikasero – せろりあん
10 Light my pikaremin – よんま
11 Time Pikkared – DMFMM co-processed by Mym
12 Response – Flightrec



スポンサー広告

カテゴリー: ライブ・イベントの報告, 米本実の音楽 | 投稿日: | 投稿者:

旧 電子ブロック を MIDIで動かす MIDI Controlled Gakken EX-System EX-100 EX-150 学研 大人の科学

電子ブロックをMIDIで動かす
電子ブロックで発振器の回路(確かNo.93のエレクトロニックオルガン)を組んで、MIDIシーケンサーから鳴らしてみました。
電子ブロックとシンセサイザーをつなげるのは夢でしたから、これが出来たときは嬉しかったですね!
1998年録音。電子ブロックの音をサンプリング(コンピューターに取り込んで鳴らすこと)も出来たのですが、デジタルなMIDIをアナログの電気信号に変換して接続、電子ブロック本体からの音をマイクで拾っています。
曲の最後の伸ばしている音の揺らぎがサンプリングでなく生演奏の証拠です(笑)。

以下、電子ブロック関係のツイートをまとめました。

関連記事
インベーダーゲームの音の秘密が知りたくて…
SN76477を使った私の自作楽器”1号機”の解説動画をアップしました
イノウエの電子オルガン リズムトーン Rhythmtone 謎のキーボードの正体がわかりました



スポンサー広告

カテゴリー: 昭和レトロな日々, 米本実の音楽, 電子楽器 シンセサイザー | 投稿日: | 投稿者:

Minoru Yonemoto Improvisation with SN76477 米本実 自作電子楽器1号機による即興演奏 高円寺の八百屋さんにて

うたうやおやちきゅう

Minoru Yonemoto – Improvisation with SN76477
11 April 2010 Live at Kouenji Farm Yamamori’s Market

2010年4月11日、高円寺の山森農園のやおやにて行われた後藤勇さんの企画「うたうやおやちきゅう」にて自作電子楽器1号機(SN76477)を演奏。

関連記事
SN76477を使った私の自作楽器”1号機”の解説動画をアップしました
インベーダーゲームの音の秘密が知りたくて…



スポンサー広告

カテゴリー: ライブ・イベントの報告, 米本実の音楽 | 投稿日: | 投稿者:

蛍光灯による自作楽器!? 伊東篤宏さんのオプトロンとSYSTEM Yで共演しました

2013年10月24日(木) 私の本でもインタビューさせて頂いた、蛍光灯を改造した自作楽器”OPTRON”を演奏する伊東篤宏さんのイベントに出演しました。そのときのセッションの動画です。念願の「蛍光灯 VS 電球」、そして光センサーによるセッションが実現しました。

改めて見て面白いなと思うのは、OPTRONの光の変化をセンサーで拾って私のSYSTEM Yを変調しているところですね。
相手の音に反応して楽器を自分自身でコントロールして音を出すだけでなく、楽器自体が電気的に影響し合うのは、コントロール出来ない面も含めてなかなかスリリングで新しいと思いました。
また電気に詳しい方ならわかると思いますが、蛍光灯とCdsによる通信、つまり「蛍光灯-Cdsフォトカプラ」とも言えますね(笑)。

先日、伊東さんと再会して、この動画のことを思い出して急遽編集してアップしました。自分でもかなり気に入っているセッションです。
伊東さんとのセッションはまだまだ試したいことがあるので、また実現すると嬉しいです。

スポンサー広告

カテゴリー: ライブ・イベントの報告, 米本実の音楽 | 投稿日: | 投稿者:

2015年でDAWを使ってもこのサウンドを作る男! 米本 実による「飛び出せ☆シンセ仲間!のテーマ」 昭和のローカルCM音楽のようなほっこり感

2015年10月2日(金)、横浜・黄金町試聴室その2にて行われた
> 飛び出せ☆シンセ仲間! 第2回 YMOの「BGM」と「テクノデリック」を語る、とmicroKORG
> ~直江実樹のロックンロール短波レディオvol.41
のオープニングより。

動画は左から、小池実さん、戸川光さん、米本実、KO.DO.NAさん、直江実樹さんです。

80年代の地方局の若者バラエティー番組へのオマージュとして、飛び出せ☆シンセ仲間!第1回目のため2015年1月に米本実が制作。
KORG POLY-800、YAMAHA DX-100、RX-21を音源に使用。
皆さんも一緒に手拍子お願いします!!

※タイトルにある「昭和のローカルCM音楽のようなほっこり感」というフレーズは、ぷにえ工房さんのツイートから頂きました。有難うございます!

スポンサー広告

カテゴリー: ライブ・イベントの報告, 米本実の音楽 | 投稿日: | 投稿者: