カテゴリー別アーカイブ: 好きな食べ物やドリンク

手作りハンバーガーのお店「立石バーガー」 自作の手動式自動販売機

立石バーガー
京成線の堀切菖蒲園駅にある手作りハンバーガーのお店「立石バーガー」。
私なら必ず興味を持つだろうと友人が新聞記事の切り抜きをくれた。

立石バーガーについては、敢えて私が説明するまでもなく、
テレビや新聞で何度も取り上げられているし、
ネット上にたくさんの情報やファンのレポートなどがある。

メインのメニューである立石バーガーは100円。
この価格ではもったいない美味しさの秘密は、
パンもパティも全て手作りというご主人のこだわりと愛情の賜物。

更に立石バーガーを有名にしているのが自作の手動式の自動販売機。
お客がコインを入れると、
そのコインが仏具のお鈴に当たって「チーン」、
その音を聞いたご主人がひもを引っ張るとハンバーガーが落下するという仕組み。
1つ売れるとご主人が慌てて補充するので、
2つ続けて買うときは微妙なタイムラグがあって何とも楽しい。
手動式の自販機は数台あり、
どれも様々な工夫を凝らしたユニークな超ハイテク・メカなので、
ぜひ現場で体験して頂きたい。
なんとも愛らしい自作パワーのカタマリのようなマシンたちに、
胸がキュンとすること間違いなし。

やっぱり自作自演の歌を大声で唄いまくるようなお店が大好きだ。
チェーン店のような均質なポップ・ソングより、
チューニングが狂っていても、ハートにズドーンと来るブルースを聞きたいし、
聞かせられるよう日々精進。

追記:
自作電子楽器仲間の曽根貴了さんと、
2016年のゴールデンウィークに葛飾を自転車で散歩していたら、
偶然立石バーガーの前を通りました。
なんと店名が「モッチーピザ」に変わってました。
何が何だかわからない衝撃を受けましたが、
ネットで調べてだいたいのことはわかりました。
機会がありましたら、取材!?してブログにまとめます。

スポンサー広告

カテゴリー: 好きな食べ物やドリンク, 昭和レトロな日々 | 投稿日: | 投稿者: